手作りのネックレスでワンランク上の美しさを放て

体格や身長によって違う

自分に合うものを選ぼう

婦人

ネックレスはチョーカーやプリンセス、マチネー、オペラ、ロープとタイプ別に分かれていますが、自分の肌の色や首の太さ、長さで選ぶといいでしょう。首が太くて短い人の場合には、Vラインを作って襟元をすっきり見せる効果があるという、プリンセスタイプが最適です。縦長に流れるような形のアクセサリーがついていると、更に首よりも装飾に目が行く為、必然的に首を細く見せてくれるといいます。対して首が華奢なタイプの人は、チョーカータイプのネックレスで、装飾が派手なタイプを使い、首の太さを演出しましょう。ベルトタイプのチョーカーが似合うのは、長くて首が華奢なタイプが多いため、チョーカーを身につけることでコンプレックス解消に結びつきます。背の高い人の場合どんなタイプでも似合うといいますが、できたら大振りなアクセサリーがついている物やネックレスの粒の大きな物も素敵です。対して小柄な人の場合には全体的に小粒でまとめられたシンプルなタイプこそ、襟元を上品に見せてくれるといわれています。体格のよい人の場合、窮屈なイメージを与えないネックレスこそが似合うタイプといわれ、パーツとパーツの間に余裕があるタイプが似合うでしょう。肌の色によっても似合うデザインや素材は異なり、小麦色から色黒と呼ばれるタイプの人はゴールドをメインとした物が一番似合います。対して色白の人はピンクゴールドやプラチナ、ホワイトゴールドが似合うといわれ、ファッションに応じて選ぶといいでしょう。

通販サイトでゆっくり比較

女の人

お気に入りの服を着てはみたものの、胸元が寂しいという時には、ネックレスを着用しましょう。胸元は、人と対面した時に一番目立つ場所です。胸元に一つアクセントがあるだけでイメージがガラリと変わるので、ネックレスを上手に活用しましょう。ネックレスはチェーンの長さや素材、カラーによって数え切れないほど複数種類販売されていますが、選び方に迷った時には服に合わせて選ぶと良いでしょう。シンプルな色合いの服ならカラフルで大ぶりのネックレスが似合います。反対に、柄物の服であれば、胸元に小さな石を一粒あしらうなど、小ぶりで控えめなネックレスが似合うでしょう。販売店で選ぶなら、実際に手にとって鏡を見ながら服に合わせてみるとわかりやすいです。もしも身近な店舗で自分の求めているネックレスが見つからない場合には、通販サイトで購入するという方法もおすすめです。通販サイトではイメージがつかみにくいと思われるかもしれませんが、大抵どのページでも、モデルが実際に身に着けた写真が掲載されています。写真でもサイズやカラーは十分確認できるので、自宅でゆっくりと比較してお気に入りを見つけて下さい。ネックレスを人に贈りたいという人は、なるべくシンプルなものを選ぶと良いでしょう。派手で印象の強いものは好き嫌いが別れますが、シルバーやダイヤのようにシンプルなデザインを嫌う人はまずいません。仕事でもプライベートでも気軽に身に着けられるような、上品でシンプルなネックレスを贈ると喜ばれるでしょう。

長さによっても違う

レディ

ネックレスは、コーディネートの一つに取り入れるとぐっとお洒落度が上がり、つけるだけで印象を変えることができるアイテムです。ネックレスと一言にいっても、様々な種類やデザインがありますが、長さによってその呼び名が違うことをご存知でしょうか。例えば、最近、若者の間で流行していたチョーカーは、ネックレスの中でも首にぴったりと沿うくらいの短いものをいい、若々しい印象を与えるものが多く出ています。チョーカーよりも一回り長いタイプのものを、オメガといい、大振りのペンダントトップとの相性が良いとされています。パーティーなどで、ゴージャスさを出したい時にぴったりです。次に、デコルテの真ん中あたりにペンダントトップがくるぐらいの長さのものを、プリンセスといいます。比較的、洋服を選ばずに使用することができる長さで、どんなシーンにも使いやすいタイプです。次に長いもので、マチネというタイプがあり、これは胸の上あたりにペンダントトップがくるくらいの長さのネックレスを言います。マチネは、タートルネックなどの洋服にも合わせやすい長さです。更に長くなるとオペラというタイプがあり、お腹のあたりまでネックレスがくるようなタイプのものです。ネックレスによって縦のラインが強調されるため、見た目にすっきりと見せる効果があります。更に長いもので、ロープタイプというものがありますが、こちらはその長さを生かして二連、三連に重ねて使うことができ、華やかさを演出します。